金持ち父さん貧乏父さんのロバートキヨサキ氏も奨励する権利収入とは!

ネットワークビジネスの最大の魅力はなんといっても
権利収入です

権利収入とは?

どんな収入のことをいうのでしょうか?

副業で権利収入を手に入れたいなんて人も
増えてきました。
44

ロバートキヨサキ氏の金持ち父さん貧乏父さんは
ご存知ですか?

 

日本国内でも280万部も売れ世界中でベストセラー
になっている著書なので、ご存知の方も多いと思います。

 

私は「金持ち父さん貧乏父さん」を読んで
権利収入を知り権利収入に興味をもったのが

きっかけで現在完全在宅で稼げる
ネットワークビジネスに挑戦しています。

 

初めて読んだ時の衝撃は大きかったですね。

 

というのも、私の両親もサラリーマンですし
親戚に自営業の人はいたとしても、
権利収入だけで生活をしている人が
身近に存在しなかったので、

 

権利収入だけで
生活をするなんて考えも及びませんし
イメージをすることもできなかったのです^^

 

バブル時代は土地ころがしとか都内の一等地の
ビルの所有者が大金持ちだなんて話は
自分とは別世界の話しだと思っていました。

 

ですから、金持ち父さん貧乏父さんの
「お金のために働く」のではなく
お金が自分のために働いてくれる 」という
発想には新鮮な驚きを隠せませんでした。

 

それからというもの、不動産について
勉強したり、株やFXなど投資について勉強したりも
しましたが

 

投資したいと思っても主婦の私には先立つ
まとまったお金がありませんでした^^;

 

ロバートキヨサキ氏が奨励していたのが
資産もお金もない普通の人でも成功する可能性が
あるのが、ネットワークビジネスだったのです。

 

ネットワークビジネスであれば、わずかな資金と

やる気だけである意味スタートすることができます。

 

これなら私にもできるかもしれないなんて
努力次第では誰にでもチャンスのあるステージなのでは
ないかと思ったのです。

権利収入を手に入れた人たちだけが得られるもの

権利収入とはマンションや駐車場、アパートなどの
不動産を人に貸すことで得られる不動産収入や

 

ある権利を有することで得られる収入、例えば
特許収入、本や音楽CDなどの印税収入なども
権利収入です。

 

権利を人に貸すことで家賃や駐車場代、特許使用料
などを得ることができたりします。

 

働かないと収入が得られない労働収入とは違い
ビジネスシステムを作り上げて仕組みを作り、

 

そこから得られるようになれば、労働収入から
権利収入にシフトすることもできます。

 

自分の時間を切り売りする労働収入ではないので、
働かなくても収入源が確保でき、自由な時間も
増えるのです

 

ネットワークビジネスも権利収入を得ることが
できるビジネスの一つですね。

 

これからの時代は複数の収入源を確保していく
ことが大切です

 

いくつかのパイプラインを持つことで将来の
安定した生活も約束されると思うんです^^

ネットワークビジネスで権利収入を得ようと思ったら

ネットワークビジネスにもさまざまな商材を
扱っている会社があります。

 

会社選びも非常に大切なのですが

 

特に権利収入を得ようと考えた場合に大切な
ポイントがあります。

 

それは、取扱う製品が生活必需品であること。
かつ消耗品であることが重要なポイントになります!

 

生活必需品で消耗品、日用品の場合、使った製品の
製品力も高く、使った人が商品を気に入ってくれた
場合は、リピーターになってくれる可能性が高いからです。

 

耐久商材の場合は高い製品が一度売れると、
大きな収入に繋がるかもしれませんが、安定的な
権利収入を求めるのなら、生活必需品の消耗品が
ベストです!

ネットワークビジネスの流通形態

しかも、権利収入として自由な時間が手に入る
理由の一つとして、流通形態があります。

 

直接私たちが売り上げをあげることなく、
店舗をかまえることなく
製品はネットワークビジネスの会社から流通され
届けられますから、

 

売上が上がった時点で自分がどこで何を
していても、時間に拘束されることなく
自動的に権利収入が入ってくるのです!

 

家族と海外旅行にでかけていても、
友人と美味しいランチを食べていても、
子どもと遊んでいても、趣味を楽しんで
いてもです♪

ネットワークビジネスの会社と愛用してくれる人の
間に「仕組み(システム)」を作ることによって
手に入れられるものはとても大きいのです!

 

と、ネットワークビジネスや権利収入について
メリットやよいところばかりお話ししてきましたが

 

そうはいってもネットワークビジネスって
メリットばかりではありません!

悪名高きイメージが悪いと言われている
ネットワークビジネス、

デメリットについても書いています!

今日も最後までお読みいただきありがとうございます♪

2929

コメントを残す

CAPTCHA


*

サブコンテンツ


このページの先頭へ